2014 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 04

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【漫画】妖怪ウォッチまんが

kage

2014/03/19 (Wed)

最初、ウィスパーが出てきた時にこんな感じの展開を予想しましたww
妖怪1

妖怪2

妖怪3

妖怪4

(案:るく 画:てんむ)


おまけ
ポケモン×妖怪ウォッチ
mega_convert_20140319181139.jpg
スポンサーサイト

【雑記】ビビりすぎる男

kage

2014/03/04 (Tue)

いつも行く美容室の予約を忘れて
でもどうしても今日行かなきゃ!って日に今日は夜7時からなら…とお返事をいただき泣く泣くその日だけ別の美容室を探す事に。

その事を友人に話すとここいいよ!と行きつけの美容室を紹介してもらった。

予約の電話を入れてみると出たのは若い女性のスタッフでなかなか感じのいい人だった。
当日の午前中に予約出来たのでラッキーと思いそのまま足を運んだ。

お店は雑居ビル二階のあまり目立たない所にあったが私はその方が都合良かった。
特に芸能人でもないのだが
大通りの…まして一階に美容室です!と言わんばかりに壁は透明なガラスで人に見られながら切られるのはごめんだった。

店に入り予約の~と名前を告げると奥から獲物を見つめるような目でこちらを見ていた女性スタッフがサッと出てきて私の上着と荷物を奪って戸棚に隠した…
中には財布や印鑑などの貴重品が入っているので完全に逃げられない状態にされたのだ。

無防備な状態の私に対して相手は二人
しかも腰にはハサミやカミソリなどがいくつも入ったポーチを下げている
勝てる見込みは薄い。

無抵抗の私を今度は電気(で動く)イスに座らせ首回りをタオルで締め付けてきた!
「苦しくないですか?」と訪ねる女
苦しいに決まってる お前が絞めているんだ
しかし下手に抵抗してはハサミで何をされるかわからない
素直にしたがった方が身のためだ
大丈夫です。と告げるしか無かった。

電気イスの背もたれを倒され私の姿勢は反り返っていた
苦しく辛い姿勢をしている私に非情な仕打ちを仕掛けてきた
水攻めだ。 顔を布で覆って水を頭に容赦なくかけくる
酷い屈辱を受けながらも私は耐えた
生き残る為に。

疲れ果て、脆弱になった私を次の拷問にかけてるべく
別のイスに座らせた これもまた電気イスだった。

女は 弱りきった私に暖かい飲み物と雑誌を数冊用意した

ハサミをチラつかせ いつでもお前を殺す事ができるとアピールし
デモンストレーションのように私の髪を切るのだ。

ここで初めて私に話をかけてくる犯人
「今日はお休みですか?」
なるほど、私はやっと理解した。この女どもは企業スパイか。
私を弱らせ、暖かいもてなし 私の持っている会社の情報を引き出そうとしているのだ。
ますますこの飲み物は口をつけるわけにはいかない。

そういえば聞いたことがあるぞ
毒を飲ませワクチンと引き換えに情報を得る取引があるらしい

雑誌も私が読むのに集中している間に何をされるか…
私は何もせずただ座っておとなしく髪を切りつける女が飽きるのを待つ事にした。

しばらくすると女が飽きたのか、また水攻めの拷問を繰り返した
私は絶対に会社の情報を漏らすもんかと耐え続けた

女達は観念したのか私を解放してくれた
しかし所持金から3600円を奪って また来てくださいね と私をまたカモにする気でいる。
3600円で命が助かるなら安いものだと支払って相手のアジトを後にした。

酷い目に遭って緊張もしたし腹も減った。
私はM字マークのハンバーガーショップへ入る事にした…。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。